イタチ撃退の専門家が住宅のお悩みを解決!【害獣対策のプロ】

糞尿による悪臭

住宅

屋根裏に侵入したイタチは、住人が活動している日中は息を潜めている事がほとんどです。イタチは警戒心がとても強いので、その姿を現すことは珍しいと言えるでしょう。しかし人に見つかる心配がない夜になると、餌を求めて活動を始めます。すると屋根裏で足音が響くようになり、静かな夜の睡眠を妨害する騒音になるのです。屋根裏で繁殖している場合には何匹ものイタチが走り回ることになるので、足音はより大きくなり、騒音に頭を悩ませることになります。また、そうなると糞尿被害も拡大します。蓄積された糞尿は激臭を放つだけではなく、天井の染みになったり、木材を劣化させる要因になるのです。そのような被害が拡大する前にしっかりとイタチを撃退することが大切だと言えます。

害獣として知られているイタチは、糞の臭いによる被害をもたらすことがあります。屋根裏に住み着いている場合には人の目が届かない場所で繁殖を繰り返すので、気づいた時には何匹ものイタチによって糞尿の被害が拡大していたという場合も少なくないのです。早めに撃退しないと徐々に住宅内に悪臭が漂うようになり、アレルギー発症をもたらしたり、ぜんそくが悪化したりする危険性もあります。イタチの撃退をしてくれる業者であれば糞尿被害の状況も詳しく調査してくれるので、普段目の届かない屋根裏や床下をよく調べてもらうと良いでしょう。イタチは騒音だけでなく、天井の染みなどによってその存在に気づくことが出来ます。早めに撃退できるように、気になった時点で業者に相談することが大切です。