イタチ撃退の専門家が住宅のお悩みを解決!【害獣対策のプロ】

イタチの特徴

作業員

イタチとは言っても、実際にその姿を目にしたことのある人は少ないでしょう。山に囲まれているような地域であれば農作物を狙って日中でも活動する事があるイタチですが、住宅地では人前にその姿を見せることが少ないのです。イタチはペットとしてもお馴染みの存在であるフェレットのような容姿の小動物です。胴が長くて前足と後ろ足はそれぞれ短く、体長の半分はある長いしっぽが特徴的なので、姿を見ることが出来ればすぐにイタチという判断が出来ます。台所などにある食べ物、またはゴミなどを漁ることが多いのですが、住宅内のネズミ、または虫などを食べることもあります。食べ散らかされた後などを発見した場合はイタチが侵入している可能性があるので、撃退してくれる専門家に調査してもらうと良いでしょう。

イタチの撃退をしてくれる業者では、侵入経路の調査などを行なってくれる場合があります。仮に住宅内に侵入したイタチを全て撃退しても、侵入経路が断たれない場合には再び別の害獣に侵入される可能性があると言えるでしょう。そうした事態を防ぐためにも、撃退だけではなく対策の面も強化する必要があるのです。もしイタチの姿を発見しても、鳥獣保護法で捕獲が禁じられているメスのイタチである場合には対応が難しいので、業者に安全に撃退してもらうことが大切なのです。糞尿被害などを放置すると家の中に悪臭が立ち込めるようになり、天井の染みなども目立つようになるので、すぐに撃退してもらうようにしましょう。